<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
「ちいきいと」で使用の塩屋の写真公開
2010年12月17日に行われた、トークイベント「ちいきいと」
与えられたお題に写真で答える+コメントというものだったのですが、ほとんどの写真をイベントの直前に撮った為、なんだかちょっとした「今の塩屋」を切り取る写真群になった気がするので、「塩屋百景」ブログに公開してみます。 
[お題]
①「うみ」 ②「やま」③「かいはつ」④「コンプレックス」
⑤「おそれいります」 ⑥「マニア」 ⑦「おみせ」
⑧「普段着の楽しさ」⑨「おひざもと」 ⑩「たいせつな」
楽しんでもらえたら幸いです。 森本アリ

☆ちなみに写真の解像度を大きめにしてあるので、写真をクリックして頂ければ大きく見れます。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 15:00
ちいきいと・塩屋①「うみ」
c0144311_14324148.jpg

5丁目の路地から光景。塩屋は起伏が激しいので散歩をしていて、いろんなところから海を眺めることができます。そんな1枚。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:59
ちいきいと・塩屋②「やま」
c0144311_14361354.jpg

六甲山脈の西端にある港町。個人的には、この写真のように、海、漁村、工場(海苔)、住宅地、山・・・と広大な自然がちっぽけな町を包んでいる様子と小さく重なる小さな風景(レイヤー)が画期的だと思います。ちょっと歩いて頂いたら分かりますが、めまぐるしく景色が変わります。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:58
ちいきいと・塩屋③「かいはつ」
c0144311_1444356.jpg

やっぱり開発の波は押し寄せます。もういいんじゃない。
正面の山の緑をこれ以上失いたくない。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:57
ちいきいと・塩屋④「コンプレックス」
c0144311_14474635.jpg

塩屋谷川は3面コンクリート漬けの川です。今でも、うなぎが登っていたりするそうですが、川床がコンクリートでは水棲物の生きる環境には戻りません。そして、上流から砂が流れ込まないため元々あった砂浜が年々痩せていきます。コンクリートを剥がすなり研究をしていってより良い塩屋谷川を。
そして、写真のガードレールとか個人的にはどうなんやろう?と思ってます。昔のままの低い柵でいいのでは?安全安心と子供を自然から遠ざけてやしない?
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:56
ちいきいと・塩屋⑤「おそれいります」
c0144311_14552757.jpg

僕の「おそれいります!」はこれでした。塩屋町8丁目、望海団地と呼ばれています。90度の斜面に建っているような、去年の映画「インセプション」で街が立ち上がってくるような描写がありましたが、あんな感じです。45度くらいはあるんでしょうね。それでも、過剰に斜面を削らずに建てていく、岩盤に直接基礎を建てるので地震にも強かったようです。そして写真で窓が重ならずに存在しているということは、各家に眺望がある。最近の開発は斜面をザーっと削って盛り土をして平地をつくっていっぺんに何十軒も建ててしまいます。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:55
ちいきいと・塩屋⑥「マニア」
c0144311_15245570.jpg

c0144311_15252587.jpg

これは、候補がいっぱいあって悩みました。
上の写真は塩屋町2丁目、僕は「ケース・スタディー・ハウスのショールーム」と紹介したりします。左端の遠藤秀平設計の「ルーフテクチャー・シオヤ」は建築賞をいくつも冠した、有名建築ですが、この辺り一帯、建築マニアにはよだれもの。
鉄道マニアには、須磨ー塩屋間のJRも山陽電鉄も素晴らしいロケーションでyoutubeで「塩屋」で検索すると海と山に挟まれた線路を走る電車の雄大な画像がたくさん出てきます。
下の写真は、道に面したすばらしいコラージュ/ブリコラージュの庭園。 
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:54
ちいきいと・塩屋⑦「おみせ」
c0144311_11244558.jpg

駅前から北向きに細く狭く塩屋谷川まで塩屋商店街があります。間口1mほどの本当に狭い部分は傘をさすとすれ違えないぐらいですが、これによって必然的にコミュニーケーションが生まれるので好きです。震災後の再開発地区の向かい側に渡るのが面倒に思える程の商店街、自転車で疾走出来る商店街ってどうなんでしょう。塩屋の戦後の闇市のようなものがそのまま残った状態、田んぼのあぜ道?って感じですが、今となってはそれこそがとても貴重で愛おしいものです。
写真は田仲豆腐店、南国出身の田仲さんの店の回りだけ亜熱帯です。豆腐が絶品なのは言うまでもなくゆし豆腐や小学生との共同制作「豆腐スティック」など品揃えも楽しい人柄も楽しい図書館も付いてる(!)ワンダーランド。他の商店も個性派ぞろいそして美味しいです。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:53
ちいきいと・塩屋⑧「普段着の楽しさ」
c0144311_11425581.jpg

「おみせ」の続きみたいな感じです。これのみ去夏の写真です。塩屋商店会主催による「七夕祭り」。塩屋に七夕の歴史も伝統もありません。「なんかしようやないか」と、この薄っぺらい感じもいいですね。笹は山から切ってきて、飾りはネットで購入(笑)夜な夜な、田仲の豆腐屋さんがカラオケセット橋の上にカラオケ用のステレオセット持ち込んでBGMを流してわいわい道行く人と話していたり。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:52
ちいきいと・塩屋⑨「おひざもと」
c0144311_12212195.jpg

突然、こじんまりした写真ですが。写真中央に建っているのが「いかなごの釘煮発祥の地」の碑。諸説あるでしょうが誰がなんと言おうと塩屋の人にとっては塩屋がいかなごの釘煮発祥の地です(笑)
そして、その横の車「テツコの部屋」塩屋で一番大きな介護サービス。皆さんお世話になってます。塩屋で「テツコの部屋」の話をする時はテレビのあれか塩屋のこれか確認する必要あり。
[PR]
by shioya100 | 2011-01-16 14:51